無料お見積もり・お問い合わせ
事例紹介

事例紹介

  • 畜産

体重測定・計測システム

顧客ニーズ 【畜産業者様例】

出荷前の家畜の体重測定が大変なので簡単に出来ないか?

当社開発商品

家畜の体重を、触らずに計測できるシステムを開発。
計測時間は約3秒で、平均誤差3%の精密測定を実現しました。重さは850gで片手で持つ事ができるので、測定をしながらマーキングも出来る仕様となっています。非接触のため、安全性の確保と計測の労力を削減する事が可能となります。

使用メリット

  • ・業務標準化(目勘からの脱却
  • ・測定工数削減(時間削減)
  • ・安全性向上(測定対象との直接触回避)

背景

なぜ豚の体重を測る必要があるのか

養豚の単価は枝肉重量で決まる(本文)、枝肉とは頭、内蔵、皮、蹄等を外した肉。基本的には重くなるほど単価は上がっていくが、重くなりすぎると単価が落ちてしまう。
適切な体重で出荷することで単価が高くなるため、豚の体重測定が必要。

既存の出荷選定方法

1.豚専用体重測定器を使って体重を測る

・複数の作業員が必要
・豚が暴れることで作業員が怪我をしてしまう
 (測定時の豚は100kgオーバー)
・無理に体重測定器に乗せようとすると豚にストレスがかかり、
 その後太らなくなってしまう

2.目勘で判定する (※目勘とは、目で体重を推定すること)

・熟練者しかできない
・継続して行うことが必要であり、しばらく離れていると精度が落ちてしまう
・その日の体調によってばらつきがあったり
・予備の熟練者が必要

顧客ニーズ

  • 手軽に体重が測れるものがほしい
  • 初心者でも熟練者でも結果に違いが出ないこと
  • 豚に刺激を与えない測定方法がよい
  • 動いている豚も測定できるとよい

当社開発製品

豚を専用端末で撮影することで、その外観から体重を推定できる非接触型の豚体重推定装置を開発しました。
撮影から約3秒で体重が表示されます。人にも豚にも優しいのが特徴です。
端末は小型軽量で片手操作が可能ですので手軽に体重測定することができます。
「だれでも、どこでも、同じ結果を」をコンセプトに開発しました。

POINT01体重推定方法

3Dスキャナから取得した豚の体長や体高、表面積などの特徴量を使い、独自に構築した体重推定式から体重を算出します。
国立研究法人農研機構や帯広畜産大学の協力により、のべ1000頭以上の豚のデータを用いて高精度な体重推定を実現しています。実際の体重と、本装置で表示される体重の誤差は平均3%以下になります。

POINT02片手操作が可能な筐体

当社製のハンディタイプ3DスキャナHapimo:3Dをベースにして、片手で操作が可能な装置に仕上げました。 片手操作が可能ですので動いている豚でも撮影が可能です。

導入効果

作業の省力化

1人でも体重測定ができます。体重計に豚を追い込む作業が不要になり労力軽減を実現します。

豚へのストレス低減

体重計に豚を追い込む作業が不要になるため、豚へのストレスを大きく低減することができます。

作業者の安全を確保

豚と距離を取って撮影ができます。

目勘の調整

目感のキャリブレーションデータから算出できる効果などがあります。

今後について

他の産業動物への応用

母豚、子豚の育成管理への対応、体重推定の仕組みは体毛が短く身体の凹凸がしっかりと見える動物であれば適用可能です。
牛や馬も同じ仕組みを使い手軽な体重測定や育成管理を行うことが行えます。このように広げていきます。